シャム猫

シャム猫に与えるキャットフードの選び方とおすすめを徹底解析

シャム猫に与えるキャットフードの選び方とおすすめを徹底解析
獣医の私
獣医の私

こんにちは!「キャットフードと私」編集長のミナミです。

サファイアブルーの瞳が特徴的なシャム猫。気品あふれる顔立ちに活発であることが魅力になっていますが、日頃から与えるキャットフードは、どのようなものを選ぶのがいいのでしょうか。

日頃の健康を守るために必要なキャットフードの選び方と、おすすめのキャットフードを紹介していくので、シャム猫の食事で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

3つのポイントでシャム猫に与える餌の選び方とは?

日頃から活発で運動量の多いシャム猫は、どのような栄養を与えることが重要なのでしょうか。そういった点を踏まえて、シャム猫に与えるキャットフードの選び方を解説していくので、参考にしてみてください。

1、体型を維持するために高たんぱくであること

シャム猫キャットフードの選び方

シャム猫は運動量の多さから、見た目以上に筋肉質であることが特徴です。そのため、脂肪が少なくたんぱく質が多い食事を摂らせることが重要になります。

筋肉量が多い状態を維持すると、基礎代謝が高くなり自然と脂肪が溜まりにくい体質にすることできるので、高たんぱくの食事を与えることは肥満予防にも効果的です。

2、シャム猫は病気予防の為にオメガ3脂肪酸がおすすめ

シャム猫にはオメガ3脂肪酸が重要

シャム猫は遺伝的に様々な病気を発症する恐れがあります。発症するかどうかは猫の個体差によるものが大きいのですが、考えられる病気の一つとして「膝蓋骨脱臼」には注意しましょう。

「膝蓋骨脱臼」は炎症が引き起こされることによって、足を引きずるなどの症状が見られるのが特徴です。オメガ3脂肪酸は抗炎症効果が期待できるので、そういった関節の炎症の改善に有効的な働きかけを行います。

年々、衰えていく関節を労わるためにもオメガ3脂肪酸が含まれているキャットフードを与えるようにしましょう。

3、毛並みを維持するなら魚系がおすすめ

シャム猫の毛質を考えた餌の選び方

シャム猫は気品ある毛並みが魅力の品種であるため、日頃から毛並みを整えるために十分な栄養を与えることが重要です。毛並みを整えるために有効的な成分が、魚肉に含まれている「メチオニン」と「シスチン」になります。

しかし、中には魚の成分にアレルギー反応を示す猫もいるので、アレルギーがある場合は、魚系のキャットフードは与えないようにしましょう。

シャム猫におすすめのキャットフードランキング

運動量が多く綺麗な毛並みが特徴のシャム猫のキャットフードの選び方を紹介しましたが、中には具体的にどんなキャットフードがいいのか気になるという方も多いでしょう。

そんな方のために、シャム猫におすすめのキャットフードを解説していくので、参考にしてみてください。

1、モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフード

主原料に白身魚が使用されている「モグニャン」。そのため、高たんぱくでオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、筋肉質なシャム猫におすすめのキャットフードです。

猫の消化不良を引き起こす可能性のある穀物が使用されていないグレインフリーであるため、安心して愛猫に毎日の食事として与えることができます。

また野菜や果物もバランスよく配合されているため、栄養バランスも整っているのがモグニャンの魅力です。いつまでも健康な体を維持して欲しいという方は、一度試してみてください。

モグニャンの詳細はこちら

2、シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフード

ペット先進国であるイギリスで生産されている「シンプリー」は、猫の健康のために人工添加物が一切含まれていないので、体調不良を引き起こす心配が少ないのが特徴になっています。

また主原料は魚であるため、高たんぱくで低脂質が魅力です。穀物が含まれていないグレインフリーでもあるので、食欲も旺盛になる猫が多いのもシンプリーの特徴になります。

食いつきがよく、安全性の高いキャットフードを与えたいのであれば、シンプリーを一度試してみるといいでしょう。

シンプリーの詳細はこちら

3、オリジンキャットフード

オリジンキャットフード

主原料は肉で、高たんぱくな食事をさせることができるのが「オリジン」の特徴です。オメガ3脂肪酸も配合されているので、シャム猫の綺麗な毛並みを維持させるためにもおすすめのキャットフードになります。

人工添加物も穀物も使用されていないグレインフリーであるため、消化不良や体調不良を引き起こす原因がないのもオリジンの魅力です。

十分な栄養が含まれていて、安全性の高いキャットフードを探しているのであれば、オリジンを一度試してみることをおすすめします。

オリジンの詳細はこちら

シャム猫を飼う上で注意したい3つのポイントって?

基本のあるシャム猫ですが、家で飼育する場合、注意しないといけない点がいくつかあります。どんなことに注意していかないといけないのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

1、シャム猫は肥満対策として運動と食事のバランスが重要

シャム猫の肥満対策

シャム猫は毎日活発に行動する習性を持っているため、家の中ではアクティブに遊ばせることが重要です。一緒に遊んであげることが一番いいのですが、時間ない時にはキャットタワーなどで運動させるようにしましょう。

運動不足に陥ってしまうと、ストレスになるだけでなく、肥満の原因になってしまうこともあります。出来れば定期的に遊んであげて、太らせない努力を怠らないようにしましょう。

その後には、たんぱく質を中心とした食事を与えて、筋肉質の体を維持するように心がけてください。

2、神経質なシャム猫は餌の切り替え時は慎重に行う!

シャム猫は神経質

見た目が上品なシャム猫ですが、意外にも攻撃的な性格をしていて、神経質な部分があるので、日頃のご機嫌はしっかり取っておく必要があります。

神経質であるため、多頭飼いをするのが難しいと言われていて、喧嘩をすることもしばしばあるので注意しましょう。

また食事に関しても神経質な面があり、日頃食べているキャットフードが突然変わると、食べないこともあるので、キャットフードを切り替える時は慎重に行っていく必要があります。

基本的には、いつものキャットフードに、切り替えるキャットフードを少しずつ混ぜていき、最終的には切り替えていく方法が一番おすすめです。

3、肝臓病や腎臓病になりやすいシャム猫はタウリン不足に注意

タウリン不足に注意

シャム猫は遺伝的に、肝臓病や腎臓病を発症する可能性が高く、日頃の食生活には十分注意してあげることが重要です。肝臓病や腎臓病を予防するためには、タウリンを毎日摂取させる必要があります。

タウリンは総合栄養食のキャットフードに含まれていることが多く、吸収量や必要量は猫の個体によるものが大きいので、与える量は出来るだけ多い方がいいでしょう。

シャム猫の餌は基本的に無添加でグレインフリー!

シャム猫のキャットフードは無添加でグレインフリー

シャム猫だけではなく、他の猫の品種にもいえることですが、与えるキャットフードは無添加でグレインフリーのものを与えるようにしましょう。キャットフードに含まれている人工添加物の中には発がん性物質が配合されていることもあるので、愛猫に与えると病気の原因になってしまうことがあります。

また猫は穀物を分解するアミラーゼという酵素の数が少ないので、穀物を摂取してしまうと消化不良を引き起こしてしまう可能性があるのです。

いつまでも健康的な姿でいて欲しいのであれば、シャム猫に与えるキャットフードは無添加でグレインフリーの物を選択するようにしましょう。

まとめ

シャム猫は、活発な性格をしていることから、筋肉を維持させるために高たんぱくな食事は欠かせません。また運動を毎日させることも忘れずに行っておきましょう。

また神経質でもあることから、キャットフードを切り替える時は、すぐに切り替えるのではなく、少しずつ前のキャットフードに新しいキャットフードを混ぜるようにして、慎重に切り替えていくようにしてください。