シャム猫

シャム猫の値段や相場って?生涯費用や販売価格から分かる選び方!

シャムネコの値段や相場は?
獣医の私
獣医の私

こんにちは!「キャットフードと私」編集長のミナミです。

歴史は1300年代のタイ王国の時代まで遡ると言われているシャム猫。上品な毛並みとサファイアブルーの瞳が魅力になっていて、飼い猫にしたいという方も多いのが特徴です。

そんなシャム猫の値段や相場について紹介していくので、参考にしてみてください。気になる販売価格や生涯費用も解説していきます。

シャム猫の子猫の販売価格は10万~20万円が相場!

シャム猫の価格

基本的にシャム猫を飼うためには、ペットショップやブリーダーから購入する必要があり、販売価格は店舗や状況によって異なります。その中でも平均的なシャム猫の販売価格は、10万円~20万円です。

ただ、ブリーダーさんとペットショップでの価格差はあるので注意が必要です!

シャム猫の相場 10~20万円(ブリーダー)

シャム猫の相場 15~30万円(ペットショップ)

ただ血統書であったり、親がショーで活躍した子猫であれば、金額が高くなり30万円前後で取引されることもあります。

人気の品種であることから、ペットショップで見かけることも少ないため、確実にシャム猫を飼いたいのであれば、ブリーダー経由で取引を行う方がいいでしょう。

シャム猫の飼育にかかる1日の食費を人気キャットフードで比較

平均体重3kg 去勢避妊後3kg
モグニャン 61g(161円) 52g(137円)
カナガン 57g(150円) 49g(129円)
シンプリー 59g(156円) 51g(135円)
ファインペッツ 52g(128円) 45g(111円)
ねこはぐ 58g(269円) 50g(231円)
オリジン 55g(193円) 47g(165円)
アカナ 55g(177円) 47g(151円)
ロイヤルカナン 60g(104円) 51g(88円)
ピュリナワン 54g(63円) 46g(54円)
サイエンスダイエットPRO 55g(73円) 48g(64円)

上記は、「平均的な体重」と「去勢後の体重」から1日与える量と金額を比較表にしてみました。

参考までに、シャム猫の平均的な体重はオスとメスによって若干の違いがあります。

  • オスの場合:3~4kg
  • メスの場合:2.2~3.6kg

猫を飼う上で重要になるのが、飼育する上でキャットフードなどの食事代が毎日かかるということです。キャットフードの種類によって、毎日かかる費用は異なりますが、平均的に年間2~3万円程度はかかると考えていた方がいいでしょう。

シャム猫の年間に掛かる平均食事代 2~3万円程度

特にヒューマングレードのキャットフードや人工添加物が含まれていない無添加のキャットフードであれば、毎日の食事代がかかることが予想されます。家計が苦しくない位の値段で取引されているキャットフードを選ぶようにすることが大切です。

https://catfood-watashi.com/catfood-feedingamount/

シャム猫を育てる時に必要な費用や用品って?

シャム猫を家で育てるためには、販売価格や毎日の食事代だけでなく、ケージやおもちゃといった物も必要になってきます。家で育てるためには、どのような物が必要になるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

シャム猫の安心できるスペースのケージを用意する!

シャム猫とゲージ

子猫を迎えるにあたって、自分の寝床や安心できる場所を確保することは、猫が家に慣れるために重要な配慮になります。初めて猫を飼う時や多頭飼いを検討している方は、出来れば用意しておくようにしましょう。

シャム猫はそこまで大型でもないので、値段的には、1~1.5万円くらいがケージの相場になります。種類も豊富なので、どのようなタイプを購入すればいいのか、よく検討しておきましょう。

活発なシャム猫にはキャットタワーで遊ばせる!

運動量の多いシャム猫にはキャットタワー

シャム猫は猫の品種の中でも活発で運動量も多い特徴を持っているので、一人でも運動して運動不足にならないためにもキャットタワーは必須になります。

家の高さにもよりますが、猫は比較的高いキャットタワーを好む性質を持っているので、どのようなキャットタワーの種類がいいのか、色々と見比べてもみるようにしましょう。

キャットタワーの平均的な相場は、1万円~1.2万円ほどなので、値段や大きさなどを見比べて理想的な種類を選んで購入してみてください。

シャム猫にも水やキャットフードの為に食器類が必要!

シャム猫と食器

猫が食事をしたり、水を飲んだりするためには食器が必要になります。食器は100円均一でも販売されているので、安い食器でも問題なく使用が可能です。

中には給水ボトルタイプもあるので、猫の特徴に合わせて購入することをおすすめします。給水ボトルタイプであれば1000円前後で購入することが可能なので、金額を参考に色々と比べてみましょう。

他にもステンレスの食器なども販売されているので、猫の大きさに合わせて背の高い食器を購入するなど、状況に合わせて購入してみてください。

シャム猫に必要なお手入れ用品の費用は?

シャム猫のお手入れ用品

猫も体が汚れたり、爪が伸びることはあるので、お手入れ用品は必需品です。ブラッシングやシャンプー、爪とぎや爪切りなどが必要になるので、こまめに購入するようにしていきましょう。

それぞれ平均的な値段の相場はブラッシングが1000円~1500円、シャンプーが1500円前後、爪とぎや爪切りは1500円前後になることがほとんどです。種類によって値段が異なるので、しっかり見極めて購入するようにしましょう。

綺麗好きのシャム猫はトイレ用品にもお金が掛かる?

シャム猫のトイレ用品

猫は綺麗好きであるため、日常的に清潔に保つことができるトイレを準備してあげることが重要です。猫のトイレにもいくつか種類があり、システムタイプやトレータイプなど、様々な物があります。

また猫のトイレには猫砂も用意してあげる必要があるので、どんなものを準備するのか、色々と検討してみましょう。値段の平均としてはトイレが3000円前後で、猫砂が500円前後というのが妥当な金額です。

シャム猫を飼育する上での生涯費用とは?

シャムネコの生涯費用

今まで紹介した、子猫の販売価格や飼育する上で必要な物の費用以外にも、医療費などもかかってきます。基本的に食事代や医療費、お手入れ用品などは1年で合計8万円ほど費用がかかるでしょう。

その中で販売価格も含めていくと、シャム猫を育てるために必要な生涯費用は平均で130万円以上はかかることが予想されます。

他にも猫は腎臓病や肝臓病が発症しやすい特徴を持っているので、大病を患った場合は治療費も必要なので、平均的な金額よりも費用がかかると考えていた方がいいでしょう。

もしシャム猫を飼育するのであれば、生涯費用も考慮して育てるようにしてください。

シャム猫を購入する前に注意!選ぶポイントってある?

シャムネコを購入する前の注意点

ペットショップやブリーダーで購入することが多いシャム猫ですが、選ぶ上ではいくつかのポイントを抑えておくといいでしょう。

そのポイントが・・・

  • ポインテッドカラーが鮮明なこと
  • 毛並みが綺麗
  • シャープな印象がある

ということですね。

ポインテッドカラーとは、チョコレート・シール・ライラック・ブルーの4種類があり、自分の好みの色合いのシャム猫を探すことが重要になります。子猫の間はポインテッドカラーが曖昧になっていることもあるので、出来るだけ鮮明に見えているシャム猫を選ぶのがポイントです。

また毛並みは基本的に綺麗なシャム猫が多いのですが、それぞれ個性があります。より綺麗でまたシャープな印象のシャム猫の方が気品があって可愛いので、特徴を確認してから購入するようにしましょう。

獣医の私
獣医の私

他にも生後3ヶ月経っている子猫を選ぶことも重要になります。生後3ヶ月を過ぎていないと、予防接種を受けていない可能性があるので注意が必要です。予防接種を受けさせないと、後々病気にかかることも多いので、子猫のうちに予防接種を済ませておく必要があります。

自分で予防接種に連れていくことも可能ですが、出来ればペットショップやブリーダーの方が済ませている方が手際よく予防接種を完了させることができるはずです。

品種改良される前のシャム猫は丸顔だった!?

シャムネコは丸顔?

ペットショップやブリーダーで見かけることの多いシャム猫は、シャープな顔つきにスレンダーな体つきが特徴です。しかし、その見た目は品種改良されたもので「モダンスタイル」と呼ばれています。

元々のシャム猫は丸顔で、「オールドスタイル」と呼ばれているのが特徴です。鳴き声もモダンスタイルと比べると大きく、飼育するのは難しいと言われていました。そのため、モダンスタイルのように品種改良されて、室内飼いでやりやすい猫として認知されていったのです。

本来は丸顔のシャム猫ですが、現在では丸顔のオールドスタイルのシャム猫の方が珍しい存在になりつつあります。

まとめ

飼い猫として人気の高いシャム猫は、販売価格だけでなく、食事代などの生涯費用もかかるので、猫を飼う時はある程度の覚悟を持ってペットショップやブリーダーから引き取るようにしていきましょう。

活発な品種であるため、キャットタワーやおもちゃをしっかり購入して運動させることも重要です。性格を理解した上で、シャム猫にとって過ごしやすい環境を整えてあげるようにしましょう。