目的別で比較

成猫用キャットフードの選び方とおすすめランキング!子猫用と違う?

成猫用キャットフードの選び方とおすすめランキング!子猫用と違う?
獣医の私
獣医の私

こんにちは!「キャットフードと私」編集長のミナミです。

赤ちゃんから少し成長すると、子猫に歯が生えてくるので、キャットフードを与えることができるようになります。

ただキャットフードには、成猫用と子猫用の物があり、猫の成長に合わせて切り替えていくことが重要です。

成猫用と子猫用とでは、どのような違いがあるのでしょうか。詳しい内容やおすすめの成猫用のドッグフードの選び方とおすすめランキングを解説していきます。

成猫と子猫用キャットフードの違いとは?

子猫と成猫の違い

成猫用に与えるキャットフードと、子猫用の与えるキャットフードとでは、どのような違いがあるのでしょうか。

具体的には、キャットフードに含まれているカロリーと栄養素の量が異なるのが特徴です。

成猫の場合は、体が出来上がっている状態なので、子猫用よりも低いカロリーのキャットフードを与えることで、体型を維持することができるようになっています。

子猫の場合は、これから体を大きくしていく必要があるので、骨格や筋肉を作るためのカロリーや栄養素が成猫の3倍は必要です。

そのため、子猫用のキャットフードは、成猫用のキャットフードと比べると、カロリーや栄養素が多く含まれている物を選択する必要があります。

子猫用から成猫用に切り替えるタイミング

成猫用に切り替えるタイミング

子猫用のキャットフードを与えてから、成猫用のキャットフードに切り替える時に気になるのが、切り替えるタイミングはいつがいいのかということです。

原則として、子猫用から成猫用のキャットフードに切り替える場合は、生後から1年経ってからとなっています。

しかし、品種や個体差によっては、体が未発達である可能性もあるので、体が他の猫よりも小さいと感じた時には、子猫用のキャットフードで継続して育てていくことが重要です。

またいきなりキャットフードを切り替えてしまうと、猫の食欲不振を誘発させてしまう恐れがあります。

そのため、キャットフードを切り替える時には、子猫用のキャットフードに成猫用のキャットフードを少しずつ混ぜていって、味に慣れさせていくようにしましょう。

そうすれば、キャットフードの切り替えをスムーズに行っていくことができて、「食べない」という悩みを作ることなく切り替えが可能です!

成猫用キャットフードのおすすめランキング

成猫用と子猫用のキャットフードの違いについて解説していきましたが、実際にどんなものがおすすめなのか、知りたい方も多いでしょう。

成猫用にはどんなキャットフードがおすすめなのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

1位 モグニャン
モグニャン
成猫用におすすめしたいキャットフードなのが「モグニャン」です。成猫に必要な分のカロリーと栄養素がしっかり詰まっているので、毎日の体調管理のためにおすすめのキャットフードになります。
猫の消化吸収がいいように、グレインフリー(穀物不使用)で無添加なので、毎日与えていても、体調不良を引き起こす心配が少ないのが特徴です。
成猫おすすめ度
主原料 白身魚63% 穀物 安全
粗悪な添加物 安全 原産国 イギリス
通常価格 3,960円(1.5kg) お試し 1,980円(1.5kg)

詳細ページ公式ページ

2位 カナガンキャットフード
カナガンキャットフード
厳選された食材のみが使用されている「カナガン」は、成猫に必要なたんぱく質を豊富に含んでいるため、健康な体作りを実現することができます。消化不良の原因になる穀物が含まれていないグレインフリーで、無添加であることから、全年齢でも対応しているキャットフードです。高齢猫でも安心して与えることができる品質が備わっているので、安全に毎日の食事をさせることができます。
成猫おすすめ度
主原料 チキン60%以上 穀物 安全
粗悪な添加物 安全 原産国 イギリス
通常価格 3,960円(1.5kg) お試し なし

詳細ページ公式ページ

3位 ねこはぐ
ねこはぐキャットフード
九州産100%の鶏肉と鰹節が使用されていて、人間が食べることのできる食材のみで生産されている「ねこはぐ」。グレインフリーで無添加であることから、成猫にも安心して毎日のご飯として与えることができます。成猫に必要なたんぱく質も豊富に含まれていて、脂質は抑え気味なので、健康維持のためには栄養のバランスも考えられているのが特徴です。
成猫おすすめ度
主原料 鶏肉 穀物 安全
粗悪な添加物 安全 原産国 日本
通常価格 6,980円(1.5kg) お試し 3,480円(1.5kg)

詳細ページ公式ページ

4位 ファインペッツ
ファインペッツキャットフード
人が食べられるほどの品質を求めて生産されている「ファインペッツ」。鹿・鶏・鮭肉を主原料として作られているため、低カロリーでありながら高たんぱくなキャットフードが実現されています。成猫にとって重要な栄養素であるたんぱく質が豊富に含まれているので、毎日の食事で与えるキャットフードとしておすすめです。
成猫おすすめ度
主原料 アヒル肉 穀物 安全
粗悪な添加物 安全 原産国 オランダ
通常価格 3,429円(1.5kg) お試し 1,000円(1.5kg)

詳細ページ公式ページ

5位 ジャガーキャットフード
ジャガーキャットフード
人間でも食べられる食材で生産されているヒューマングレードであるキャットフード「ジャガー」は、新鮮で上質な食材しか使用されていないので、安心して愛猫に与えることができます。
チキンや鴨肉、サーモンを主原料として、たんぱく質が80%以上も配合されているので、愛猫の体作りにはおすすめできるキャットフードです。
穀物が含まれていないグレインフリーであることも、安心して成猫に与えられる理由になっているので、ぜひ一度愛猫に食べさせてみてはいかがでしょうか。
子猫おすすめ度
主原料 チキン 穀物 安全
粗悪な添加物 安全 原産国 イギリス
通常価格 4,280円(1.5kg) お試し なし

詳細ページ公式ページ

子猫に成猫用キャットフードを与えてはいけない理由

基本的には、生後から1年経ってから成猫用のキャットフードを与えるのが好ましいと言われていますが、なぜ子猫に成猫用のキャットフードを与えてはいけないのでしょうか。

詳しい理由について解説していくので、参考にしてみてください。

1、1日の必要カロリーが違う

成猫と子猫用のカロリー

子猫は骨や筋肉が未発達であることから、成猫に比べると1日に必要な摂取カロリーが異なります。

成猫が1日に摂取する必要のあるカロリーに比べると、子猫の間に必要なカロリーは3倍と言われているので、子猫には高カロリーのキャットフードを与えることが重要です。

カロリーは必要としていても、子猫の胃袋は成猫と違って小さいので、食べる量も比較的少ないでしょう。

そのため、量が少なくてもカロリーを多く摂取できるように、一粒に含まれているカロリーを増やし、栄養素が高い子猫用のキャットフードを選ぶ必要があります。

2、粒のサイズが違う

粒の大きさが違う

子猫の時は成猫と比べても、体が小さいことから口のサイズも小さいのが特徴です。そのため、成猫と同じキャットフードであれば、粒が大きくて食べ辛く感じてしまう恐れがあります。

そのため、子猫用のキャットフードは粒が比較的小さいように設計されているのが特徴です。

成猫用のキャットフードの粒のサイズで与えてしまうと、喉に詰まってしまったりすることも考えられるので、子猫の体の大きさを考慮してキャットフードを選ぶようにしましょう。

子猫に与える時は成長に合わせて量を増やしていく

成猫に成長するまでの子猫

子猫といっても1歳になるまでは、徐々に体が大きくなっていくので、成長に合わせてキャットフードを与える量を増やしていく必要があります。

子猫に与えるキャットフードの量が少なすぎると、栄養失調になってしまうことが考えられるので、少なすぎず、多すぎない量を計算して与えるようにしましょう。

どれくらいの食事が必要なのかは、子猫の体重や品種によるものが大きいので、まずは獣医師に相談するのも一つの手です。

出来るだけキャットフードを与える時は、しっかり測定して、何g入れるのか計測してから与えるようにしましょう。

まとめ

子猫と成猫とではキャットフードに含まれているカロリーや栄養素が違うことがわかりました。同じように与えていると、成猫になった時に肥満になったり、反対に子猫が成猫用のキャットフードを食べると、栄養失調になることも考えられます。

与えるキャットフードはどんなものがいいのか、猫の品種や個体差を把握して、しっかり調べて与えてあげることが重要です。

成猫に与えるおすすめのキャットフードは、今回紹介した商品を参考に、自分の飼っている猫に合ったキャットフードを選ぶようにしてあげましょう。